お知らせ

アツアツの飲食スタイル、ビュッフェ「鉄板やき鍋」をスタート

2017年2月2日(木)

地産の野菜消費を増やし、野菜の美味しさを伝える為の取り組み


大阪府河内長野市にある観光施設(道の駅認定予定)、「奥河内くろまろの郷」内の

「ビュッフェレストラン 奥河内」(指定管理者:一冨士ケータリング株式会社 大阪府高槻市 代表取締役 辻本晴彦)では、

2017 年 2 月 1 日より、今までにない飲食スタイル、ビュッフェ「鉄板やき鍋」をスタートしました。


<背景>

従来より、当レストランは地産の新鮮野菜をたっぷり楽しめるビュッフェレストランとしてご好評を頂いて
おります。この度、ビュッフェでも冬場に温かい料理が欲しい、とのお客様のご要望を受け、

また、地産野菜の消費量を増やす為にどうすれば良いか、スタッフと生産者様と協議をかさねた結果、

野菜を美味しく、アツアツで召し上がっていただく方法として、新たな飲食スタイル「鉄板やき 鍋」を開発しスタートさせました。


<ご利用の手順>

1、従来通りのビュッフェ料理が10種類以上あります。 2、テーブルにカセットコンロと鉄板を用意しています。

3、10種類以上の焼き野菜があり、鉄板で焼いて食べます 4、トマトスープを取り、トマト鍋にして食べます

5、ごはん(又は麺)とチーズを入れて、リゾットにして食べます。
<美味しさの工夫>

1. 鉄板にバーニャカウダ入りココットを乗せ温めながら食べます 2. 調味料を8種類(岩塩、柚子胡椒など)用意しています。

3. 地元農家から野菜を直接仕入れる為、新鮮です。

冬の寒い時期に、食べ方の談義をしながら、DIYで楽しめる新しいビ ュッフェです。3月末までの冬限定企画です。
税別料金:大人1500円、シニア(65歳以上)1400円、

小学生以下 800円、3歳 以上500円 時間:平日90分 土日祝70分(無休)

入店:10:30~14:00頃(食材がなくなり次第終了)座席数48

ページ上部へ